寬仁親王牌・世界選手権記念トーナメントとは

平成2年8月アジア初となる群馬県前橋市グリーンドーム前橋(前橋競輪場)で開催された「世界選手権自転車競技大会」を記念し、
同年5月に行なわれた「世界選手権自転車競技日本大会特別記念レース」がルーツとなっている。
平成4年「世界選手権自転車競技大会」日本大会の名誉総裁をお務めになられた寬仁親王殿下(ともひとしんのうでんか)より
''寬仁親王牌''が下賜されるとともに、それまでの1日開催から3日間開催のトーナメント戦となったため
「世界選手権記念トーナメント(寬仁親王牌争奪)」と名称を改めて第1回が実施された。
平成6年に現在の『寬仁親王牌・世界選手権記念トーナメント』へと名称変更。

出場選手選考基準

1、S級S班在籍者
2、過去3回以上優勝した者(開催時S級1班所属が条件)
3、直近の世界選手権自転車競技大会(以下、世界選手権)トラック競技出場者
4、直近のアジア自転車競技選手権大会(以下、アジア選手権)において以下の競技で1位となった者、ケイリン、スプリント
5、世界選手権に準ずる国際大会トラック競技で1~3位となった者
6、過去のオリンピック自転車競技トラック種目メダリスト
  ※ただし、全日本プロ選手権自転車競技大会(以下、全プロ)トラック競技出場かつ開催時S級1班所属が条件
7、全プロトラック競技でケイリン以外の競技で1~3位となった者とケイリンの決勝出場者全員
8、全プロトラック競技出場者から平均競走得点上位者を順次選抜する
9、残余がある場合は各地区のプロ選手権自転車競技大会(以下、地区プロ)トラック競技出場者から平均競走得点を勘案し推薦する
  なお、補欠選手は正選手を除く全プロまたは地区プロ出場者のうち平均競走得点上位者からさらに順次選抜される。